|次世代自動車|   |水素エネルギー|   |バイオマスエネルギー

 次世代自動車の環境特性の比較


現在、話題になっている次世代自動車の本命は何か? これを決定する大きな要因

のひとつが、環境特性である。地球規模の観点からは、 温室効果のある二酸化炭素の削減、地球の環境問題の観点からは、我が国の場合は、 窒素酸化物の削減が急務である

各種自動車の燃料の製造を含めたCO2排出量を比較した結果を下図に示す。 現行のガソリン車と比較して、ハイブリッド自動車であれば 約50%減、 燃料電池自動車では石油等を使用すればそれ以下、 電気自動車も、国内の発電所の平均値ではそれ以下となる。 一方、地域の環境維持のために重要な窒素酸化物の削減の効果は、特に大型車で重要であるが、 燃料製造を含めてディーゼル車と比較した場合、天然ガス自動車であれば、 50%、 燃料自動車であれば、33%との試算結果が出ています。 それでは、ハイブリッド自動車、燃料電池自動車、内燃機関自動車のいずれが有利か。 経済性、利便性といった観点も含めれば、100年前に、蒸気自動車、電気自動車、内燃機関自動車といった様々な自動車が競争を繰り広げた結果、 30年ほどして、内燃機関自動車の優位性が明らかとなったように、今後数十年は様々な自動車が共存することになるでしょう。

よって、今乗っているクルマが古くなって買い替えする場合は、予算が許す限り二酸化炭素の排出量が少ないハイブリッドカーを選択したいものです。

今では、自動車下取りよりも 買い取りの方が価格も高く売れますから、よりユーザーにとって少ない負担で ハイブリッドカーへの乗り換えが可能となります。http://bemanet.com/kaji3.html

Copyright (C)  次世代自動車の環境特性・・・  . All Rights Reserved.